メニュー

出会い系の料金システムや基本情報

もうご存知かもしれませんが出会い系には男女ともにお金が不要な完全無料コミュ、女性は無料で男性のみ有料のポイント制コミュ、利用者全てが有料でお金のかかる定額制コミュの3タイプがあります。
今一番主流の料金システムはポイント制で、有名なコミュニティは大抵このシステムを採用しております。
ここでは3タイプのサイトの中でメリットやデメリットなど使い分けをした方がいいのかを説明いたします。

 

女性も男性も全ての人が無料の出会い

 

今の時代タダほど高いものはないと言うことわざは意味をなさなくなったと言ってもいいくらいネット時代は無料が主流です。
無料で使える理由は、テレビの民放放送と似たような仕組みです。
沢山の人に見てもらって視聴率を上げてスポンサー収入をコマーシャルを放送して収入を得ています。

 

一方ネットの出会い系は無料で会員を沢山集めてサイト内に広告を表示させたり、会員限定にメールを配信する事で運営費をまかなっています。
なのでタダだからと言って怪しいと言う事は一切ありません。
むしろユーザーもスポンサーも運営側も皆損をしない優良な仕組みと言っていいでしょう。
お気軽に始めたい方は是非お金が必要ない近所で異性を探せるご近所密着型のサービスを使うようにして下さいね。

 

女性は無料で男性のみ有料のポイント制

 

この料金システムは女性ばかり優遇されているので不公平に思えてしまいますが、女性を集めるのは仕方ないシステムだと割り切りましょう。
出会い系は男女と知り合うツールなので女性が多く在籍していれば男性は自然と集まってきます。
運営側から見たら女性会員をどう集めるかが成功する鍵となるのですが、無料と言うエサで女性会員を集めています。

 

そうする事によって男女の会員の比率が正常になります。
女性が6割で男性が4割の会員比率であれば出会い系として成功する事間違いなしです。
男性はポイントを購入してそのポイントを消費しながら使っていくので慣れないうちは大変ではあります。
多少お金に余裕のあるサラリーマンが多いのが特徴です。

 

全てのユーザーがお金のかかる定額制

 

全てのユーザーから平等に料金を請求するシステムなのが定額制のコミュニティサイト。
毎月1か月分の使用料を前月に支払うタイプなので塾や月極などのシステムと同じです。
お気づきの通り1か月ごとの前払いなので途中で利用しなくなってしまった場合は損をしてしまいます。
ヘビーユーザーにとっては嬉しいシステムですが利用頻度が少ない人には向いておりません。
本気で結婚したい婚活女子などに利用されているイメージがあるのが定額制です。